スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドイツ人との結婚手続き ~ドイツにて~

3部作でお送りしてまいりました、ドイツ人と日本人の結婚手続きですが、これで最後になります。

わちゅたちの場合はドイツ在住ですが日本で先に手続きを済ませたので、残すところ、戻ったドイツでの手続きのみ。さあ、いってみましょうか。


ドイツ人と日本人との結婚手続き(ドイツでの手続き編)




まず、日本で手続きを済ませたら、日本にいるうちにやっておかなきゃいけないことが数点あります。それは

1. 母方の旧姓が載ってる戸籍謄本をもらっておく
2. 両親とは別になった自分の戸籍謄本をもらう。(手続き後、1週間ぐらいで出来上がるはずです)
3. 婚姻届の受理証明をもらう。
4. 1~3の書類を翻訳してもらう。


※1 もし、手続き後すぐドイツに帰国しなければならない状況なら、家族にやってもらうのもいいかもしれません。
※2 3番の受理証明は、大使館で問い合わせたときは別に必要書類のリストに入ってなかったんですが、念には念を入れてわちゅはもらっておきました。
※3 翻訳はドイツに提出するものですので正式な人にやってもらわなければなりません。その方法はこちらをどうぞ→ドイツ人との結婚手続きその1



これらの書類が全部揃ったら2人の身分証明書(パスポート、ドイツ人ならIDカードでも)を持参してドイツの戸籍役場(=Standesamt)へ向かいます。

戸籍役場では結婚した証として「家族登録簿(=Familienbuch)」を作る手続きをします。最初に行ったときは書類の確認家族登録簿への記載事項の確認、それから苗字をドイツ姓、またはダブルネームにしたい人はそれについても確認があります。

ここでわちゅが突き当たった問題が2つ。

一つは「用意した書類に母方の旧姓が載ってなかった
これは明らかにわちゅの確認ミスです。以前提出した書類に載ってるもんだとばかり思って翻訳を省いたら、実は旧姓が載ってなかったと言うもの。でもご安心を。別に新たに翻訳をする必要はなくて、役場の人が書いてくれた「母方の旧姓は○○であることを証明します」って言うような書類にサインを書いたらそれでOKでした。でもホントは正式なものが必要だと思います。

二つ目は「ダブルネームの問題
これは日本とドイツの法律の違いから来るんですが、日本では戸籍上に苗字を二つ持つことができないんですよ。でもわちゅは日本では旧姓を、ドイツではダブルネームを使いたかったので、ちょっと役場の人ともめました。というのも、ドイツで一度ダブルネームを選ぶと、あとで自分の苗字を取っちゃうことはできるけど、旦那側の苗字は絶対外せないって言う規則になってるからなんです。で、役場の人に「ホントにいいの?」なんて聞かれたりして。でも日本だと手続きをしなければ旧姓のままでもいられるらしいんですよね。こういうところが融通のきく日本と、聞かないドイツの違いってところかしら。

おっと、長くなりましたが、これらの問題が解決したら10日後くらいかな~、もう一度戸籍役場に行って、出来上がった家族登録簿の内容を確認します。いくつかサインしたあと、晴れて手続き完了。この日がドイツで正式に夫婦になった日になります。わちゅたちのドイツでの結婚記念日は11月17日になりました。

家族登録簿のオリジナルは役場で保管されるので、コピーが欲しい人は何枚か頼んでおきます。わちゅの場合は

1. 保険会社に送る分
2. ビザの変更に使う分
3. パスポートの苗字変更に使う分


が必要でした。肝心なかかった費用を忘れちゃったんですが、確か手続きの分とコピー数枚合わせて70ユーロくらいだったかな。けっこう痛い出費です。でもこれでしばらくはわずらわしい手続きとおさらばだと思うとホッとしましたね(笑)また子供が産まれたらお世話になりそうですが。

わちゅと同じ状況で結婚をお考えの皆さん、長くなりましたが終わってみれば思ったより簡単に手続き済んだので、恐れることなく頑張ってくださいね。
スポンサーサイト

  1. 2006/12/12(火) 23:19:29|
  2. 国際結婚|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

コメント

私は家族登記簿、まだ作ってないんです(子供の予定がまだないので)。
あと、1・2の書類もいらなかったよ。
多分州ごとに少しずつ違うみたいですね(統一しろよ!ドイツ!)。
ちょっと前に読んだ本に、ドイツはもともとは地方政治の国で、それが最近になってやっと統一されたので、それぞれの地方のやり方がまだ根強く残ってると書いてありました。
そういうところにも理由があるのかもねー。
  1. 2006/12/12(火) 20:59:41 |
  2. URL |
  3. maha #-
  4. [ 編集]

わぁ!私達夫婦が出会った日が5年前の11月17日でしたv-398これって、偶然!?結婚記念日は5月17日だけど・・・

改めて、国際結婚って大変だぁ!v-405と思いました。結婚式の日が結婚記念日なんだけど、入籍した日が私達夫婦はすっかり覚えていないすよ~v-393
  1. 2006/12/13(水) 09:00:36 |
  2. URL |
  3. ひさよ #-
  4. [ 編集]

マハさんへ

え? まだ作ってなかったの?
じゃあ保険とか、扶養家族になるための手続きのときは
マハさんの地域では必要なかったのかなぁ~ 家族登録簿。
ホント、地域で違うと困っちゃうよね。
語学学校のビザとかもベルリンは取りやすいけど
地方にいくとやたらめんどくさかったりするしね。
(というか地方の役人さん、外人慣れしてないから手続きの仕方を知らない (笑))
  1. 2006/12/13(水) 09:40:51 |
  2. URL |
  3. わちゅ #bzMuMAl.
  4. [ 編集]

ひさよさんへ

え~っ!!! そうだったんですか!?
出会った日を覚えてるなんてすごいなぁ~
11月17日は友達の誕生日でもあるので
ちょっと覚えやすかったりします。
うちは逆に式を挙げてないから、入籍記念日覚えてるのかも?!
  1. 2006/12/13(水) 09:43:39 |
  2. URL |
  3. わちゅ #bzMuMAl.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

わちゅ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。